中洲ジャズ 2019 二日め Chalie Lim

「中洲ジャズ 一日め」をアップしてから、随分日にちが経ってしまいました。

今頃‥ですが、二日め(千秋楽)です。

 

9月15日(日)

f:id:chihiroro77:20190915153303j:plain

翌日曜日、午後3時半頃、天神中央公園内の貴賓館前ステージA近く。

日差しが強く暑い。

 

Chalie Lim

この日のお目当ては、まず16時10分からの清流公園内ステージBでのライブ

明治通りから中洲大通りを南に突き抜け会場に向かう。

中洲大通りにはステージが4つあるはずだけど、この時間帯には見当たらず、普段通りの道路。二日間ステージを設置し続けるのではなく、一晩やって解体、そして翌日再度設置、ということらしい。驚き。

 

清流公園のステージBに到着。前夜のエミ・マイヤーと同じ会場。

公園内に舞台型のステージがある。“客席”側は更地なので、座ってもよし立っていてもよし、なんだけど、まだ日が高く大部分が日なた。西側の塀沿いが辛うじて日蔭。ステージ前あたりと、塀付近の日蔭にまばらに人が集まって開演を待っている。

 

気温が高く暑かったので、なるべく端っこの日蔭で開始を待つ。(ここで、思いがけずいい出会いが待っているとは知らず)

 

定刻になり、ふら~と一人の若者がステージ中央に現れる。
グレーの長袖シャツに黒いパンツ。
スタッフがマイクのテストでも始めるのかと思いきや、なんとアーティストご本人。

チャーリー・リム。

シンガポール出身の、シンガーソングライター。(‥と知っている情報はこれだけ)

 

f:id:chihiroro77:20190915161354j:plain

ヴォーカル&ギターまたはキーボード:チャーリー・リム、

ベース、オルガン、ドラム。という構成。

 

楽曲はナチュラルなんだけど、引き込まれる。

歌声はクセがなくソフトで自然体。

 

一曲目が終わり、端っこの日蔭からステージ近くに思わず移動。

 

f:id:chihiroro77:20190915161405j:plain


出だしはギターを弾きながらの歌唱だったけど、その後はほとんどキーボードでの弾き語り。

(行きつけの美容院の美容師さんに似ているような。)

 

曲自体はいわゆる“ジャズ”ではなく、ポップス?

でも、ステージでは、それぞれの楽器の即興演奏ソロパートもあり、かなりジャズというかんじ。

 

オルガンがグルーブする音色を久々に聴いた。かっこいい。

ヴォーカルは柔らかくて、ファルセットがなかなかいい。 

その心地よいファルセットに聴き惚れていると、10年余り前に観た映画「ONCE ダブリンの街角で」を何故か思い出す。アイルランドの音楽映画。サウンドトラックのCDも持っている。主演の男女の優しいデュエットがサビでファルセットになるところがあって、そのメロディーが記憶の奥から呼び出されたからだと思う。中洲~シンガポールアイルランド。空路、航路、陸路、スーツケースがほしくなる。

 

「こんにちは。」

「あついです。」‥チャーリーさんの日本語。

 

あとは全部英語のMCで、メンバー紹介や曲紹介など(多分)

 

振り向くと、初めはぱらぱらだった会場が、結構聴衆で埋まっている。(暑いのに)

前の方にいるおじさんは体を揺すって聴いていた。

 

私たちも途中から座って聴くことに。同行のTさんが、“ヤン坊マー坊”のレジャーシートを広げてくれて。ありがとう。

 

ずっと聴いていたかったけど、40分のライブは終了。

 

終了後に、ラジオパーソナリティのToggyさんによる英語でのちょっとしたインタビュー・タイムあり。(通訳もToggy氏)

シンガポールでは国民的アーティストだそう。

販売用のCDなどを持って来ているけど、機内持ち込み範囲内の量なので数に限りがあり、ほしい人はお早めに、とのこと。(機内持ち込みって‥)

物販コーナーに行くと、案の定、既に残りCD2枚、LP1枚になっていた。パーカーはわりとあったけど。

私と友人がCD「TIME/SPACE」を買い、LPを買う人もいて、両方とも完売。

 

ほどなくして、ご本人が「はじめまして」と言いつつ、さりげなく登場。

ひとりずつ丁寧にサインなどに応じる。初々しい雰囲気。

私も列に加わり購入したCDにサインしてもらいました。ライブ、すごくよかった~と、スタッフの人が通訳してくれて伝えることができた。

 

チャーリー・リム。嬉しい収穫。会場に足を運んだきっかけは、この人のライブをみてみたいと言ったTさんの一言。感謝。

 

この後は、涼をもとめて休憩。

そして、あちらこちらのステージを巡り、夜まで音楽の中を歩いて過ごした。大勢の人たちが、そうやって思い思いに楽しんでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

中洲ジャズ 2019 一日め~② エミ・マイヤー、鬼塚康輔

続・9月14日(土)

 

MIOSICのライブの後、同じ会場の別の角度から観ていた友人や、ほかのステージから移動してきた友人も合流し、5人ほど連れ立って夕食へ。@川端商店街のバークレー

移動中も、川の向こうからハスキーな女性の歌声が聴こえてくる。街なかライブの贅沢。

食事を終え、また二手に(そして三手に)分かれ、次のライブへと向かう。

 

 

ウイングス

エミ・マイヤー

清流公園内のステージBに到着。20時15分からのライブは既に始まっていた。

ここは、いわゆる舞台型の「ステージ」。

会場内には多くの人々。

 

ステージまん中にキーボード、エミ・マイヤーがこちらを向いて座り、弾き語り。

2,3年前にやはり中洲ジャズで耳にして、よかったので、今回はじっくり聴きたいと思っていたライブ。(今、過去の自分のブログを見てみたら2015年のことだった

中洲ジャズ 2015 - chihiroro77’s blog))

 

スモーキーで、声量のある歌声。雰囲気ある。

クリーム色でキラキラした装飾のあるノースリーブのワンピース。(のように、遠くからは見えた。)野外の暗がりの中のステージの照明と相俟って神々しくさえある。

ステージに少しずつ近づいていけたのだが、お人形さんのように美しい人だった。

 

曲はほとんど英語のオリジナル曲。自然に耳に馴染むメロディ。

カバー曲、中島みゆきの「糸」は、日本語だった。味のある歌唱。

 

ラストで歌った、やはりカバー曲の「ソング・フォー・ユー」、この曲のみ弾き語りではなく、録音での伴奏だった。ナッシュビルで録音したという最新CDにも収められているそう。イントロのストリングスがビートルズっぽいというか、サイケっぽいというか。

胸に染み入る歌声でした。

(「ソング・フォー・ユー」は、メロディを聴いたら誰でも知っているあの曲。でもオリジナルは誰なのか、は知らず‥。ネットで調べてみたら、もともとレオン・ラッセルの曲で、多くの人がカバーしているということだった。)

 

 

DOT

鬼塚康輔

エミ・マイヤーの会場を後にして、キャナルシティ博多のS2ステージへ。

鬼ちゃん(←鬼塚康輔‥勝手に鬼ちゃんと呼んでいる私たち)のライブ終了間際、彼のサックス、ワンフレーズだけ聴けました。

 

 

 

 

中洲ジャズ 2019 一日め~① MIOSIC

台風一過の今日。

昔は、「タイフウイッカ」から「台風一家」と連想し、どんな一家?などと風物詩的に捉えていたけど、近年の台風は規模が違い過ぎる‥

もう今年はこれ以上発生しないことを祈ります。

 

 

2019年の中洲ジャズは先々週の土・日でした。

全国にジャズ・フェスは多々あれど、無料で楽しめるのは珍しい‥といわれている「中洲ジャズ」

2日間のレポートです。

 

9月14日(土)

 

MaZiQ

 MIOSIC

 

数年前、中洲ジャズで偶然出会って以来、福岡でのライブには極力駆けつけている

MIOSIC♪

 

MIOちゃんとSHOさんの男女デュオ。

 

f:id:chihiroro77:20190914174815j:plain

開演の20分前に ステージEに到着。リハーサル中だった。

中洲の交差点のまん真ん中。

ずっとリハーサルが続いていて、その音色を楽しみながら待つ。

 

18時ライブ、スタート!

 

f:id:chihiroro77:20190914180133j:plain

ヴォーカル:MIO(中央)、ヴォーカル&ギター:SHO(右)の二人に加え、

サックス:浦ヒロノリ(左)、ベース:‥多分‥ウチダ先生‥、

ドラム:‥お名前聞きとれず‥ 

 

f:id:chihiroro77:20190914180533j:plain

今回は、MIOちゃんの前にキーボードが置かれ、曲によっては演奏されていた。

中洲交番の近くの交差点のまん真ん中、聴衆がぞくぞく集まり四方囲まれるようなステージ。

ステージといっても、路上に直に設けられているので、特にドラム音が地をつたって響くかんじ。迫力ある。

 

セットリストがMIOSICツィッターに翌日アップされていたので貼らせていただきます。

 

 例年より、ポップス色よりは、ジャズの風味を強く出したライブだった印象。 

いつもながら、まろやかで強いMIOちゃんのボーカルに、SHOさんのハモりが心地よい。

 

印象的だったのは“Natural Woman”のMIOの歌唱。

“(You Make Me Feel Like )A Natural Woman”のカバー。

ソウルフルで力強い歌声で、後ろにアレサ・フランクリンがいるような感覚にさえなった。

あの何ていうか、ソウル風なコブシを効かせるようなフレーズもあり。

 年々、進化しているヴォーカル。(←ライブに付き合ってくれている友人と一致した意見)

初めてMIOSICのライブを聴いた時、この女性ヴォーカルの歌声は何通りあるんだろう~と惹かれたのだけど、また新しい側面を見せてくれて、じ~~んと来た。

 

(ライブは撮影OK、拡散OKということでした)

肝試し

今年の夏もハイレベル過ぎる暑さだった。

が。

一週間ほど前に炎暑がおさまったと思ったら、今度は九州北部地方は大雨。

一体どうしたことか。

それも、おさまったと思ったら。

 

この間まで5~6ゲームあったと思った2位とのゲーム差が。

おととい、首位ホークスと2位ライオンズのゲーム差が2ゲームになっていた。

で、昨日、1ゲームになった。

 

そして、今日。

もう、聴いてられません‥。ラジオで試合観戦が日課というか、習性というか、そんななんだけど、それが、ラジオのスイッチを入れるのが「肝試し」のようで。

 

暑さは落ち着いているし、私にはもうこの季節に「肝試し」はいらないんだけどな~

福岡ソフトバンク・ホークス vs 埼玉西武ライオンズ

オールスター・ゲームも終わり、既に後半戦が始まっているプロ野球

 

先日、前半戦最後の試合のチケットをたまたまいただいて、観戦してきました。

 

7月10日(水)ホークス  vs  ライオンズ

当日はあいにくの雨。ドーム球場なのでゲームには影響しないけれども。

 

ちょうど飾り山笠が福岡ドームにも設置されている時だったけれど、雨だったので億劫で、その場所まで行かなかった。私が行きついたゲートとちょっと離れていたので。でも、行けばよかったと、今になって少々後悔。

 

f:id:chihiroro77:20190710175452j:plain

あれに見えるは両チームのスターティングメンバー(ぼやけてるけど)

 

先発投手は、ホークス・和田、ライオンズ・ニール。

 

この時点でのチームの順位は、ホークス1位、ライオンズ3位。

 

いただいたチケットは、料金を追加したら席がランクアップできるというものだった。

追加代金を支払い、手にしたチケットの席は‥。

 

        

          f:id:chihiroro77:20190710175816j:plain

 

なんと、グラウンドからとても近い。

コカ・コーラシートの後ろ側。(コカ・コーラシートとは、ネットより前方、グラウンドのすぐ脇で、ヘルメットを被って観戦する席)

 

今までは上の方の席からしか観たことなく、こんな前の席は初めて。

ほぼ“グラウンド・レベル”

 

f:id:chihiroro77:20190710180002j:plain

この白い影がピッチャー・和田

鷹の先発投手・和田の左腕、次々とアウトを重ねていく。危なげない立ち上がり。

3回裏、ホークス、福ちゃん(福田選手)の犠牲フライ、デスパイネのタイムリーで2点を先制。やった~

 

 

f:id:chihiroro77:20190710181813j:plain

ふふふ‥お弁当 大分の郷土料理だそう

試合前に入手していたお弁当&ビールを美味しくいただき、さあ、ゆるりと観戦‥と思った矢先。

5回表。

好調に来ていた和田投手が、ライオンズ・岡田選手&木村選手にソロ・ホームランを浴びて同点に‥。

そんなこんなの不穏な空気の中、和田くんはダッグアウトに下がってしまう。和田投手、治療中のためしばらくお待ちください~という場内アナウンスが流れた。

 

f:id:chihiroro77:20190710194712j:plain

待ち時間にキャッチボールする一塁守備の内川。右は走者・ライオンズ源田

後から振り返ると、ここが“暗転”となるポイントだった。

結局、和田投手はマウンドに戻って来なかった。交代のピッチャーたちは、緊急登板となったせいか、なんか危なっかしくて。

 

この回、外崎選手にタイムリーヒットを打たれ、ホークス逆転を許す‥

 

ここから何とか巻き返したい、鷹。

 

f:id:chihiroro77:20190710202949j:plain

塁に出た甲斐選手が一塁コーチの本多と作戦会議中(‥なのか?)

 

7回表、ライオンズ・山川穂高選手&おかわりくん(中村選手)の連続ホームランが飛び出して。豪快‥。何とか再逆転を、と願っていたのに、逆にリードを広げられることに‥。

ドーム内静まり返り、ただ三塁側外野席のほんの一部分が異様に活気づいて、そのラッパの音が響く。

 

終わってみれば、ホ:3-7:ラ。

なんで‥?

雨の中、ドームに足を運んでつきあってくれた友人に、工藤監督に代わり詫びる私。

 

グラウンドに近い席で、わ~とか、へ~とか心奪われている間に試合が終わってしまいました。

 

何でもないゴロでも、目の前でさささ~と捕球、投球、タッチアウトという守備の流れに感心。

 

ライオンズ・ファンは、かつてはドームの半分くらいはいたというけれど、あんなに少数派になってしまい、複雑な心境。

穂高選手の豪快なスィングは魅力的だけど、今日は打たないように‥と本人に念を押していたのに(ウソ)、スコーンとボールは遥か向こうへ飛んでいきレフトスタンドに運ばれてしまった。更に複雑な心境。

 

ホークスのリリーフ・ピッチャーの中では、最後に出て来た田浦文丸投手がよかった。

ホークスビジョンに大きく写ったド・アップ。まだ若い選手のよう。

2回を投げていずれも三者凡退。すっきり。

プロ入り2年目の19歳の左腕だと後から知る。大野城市出身。

楽しみ。

 

前半戦最終試合を白星で飾れなかったホークス。

野球だから、勝つ日もあれば負ける日もある(前回の観戦時交流戦 - chihiroro77’s blog

のようにずぶずぶの引き分けの日もある)。だけど、ここからオールスターを挟んで6連敗するとは思わなかった。3年ぶりの6連敗だったらしいけど、更に7連敗しなくてよかった。

 




 

 

梅雨の七月

先週から一昨日くらいまでの雨の降り方は激しかった。

今年は入梅も遅く少雨が続き、水不足が心配されていたので、“恵みの雨”と初めは思っていたが、それでは済まされない勢いで‥。「線状降水帯」‥ここ数年よく耳にする気象用語。また、こいつの仕業か‥??

渇水も困るけど、豪雨も困る。

大雨の注意報は、東へ移動している模様、雨の被害が出ませんように。

再・中川晃教コンサート 2019

3,4日前に書いた記事、もう少し詳しく書きます。

 

中川晃教コンサート 2019

New Wind with the Trio in Early Summer

日時:2019年6/30(日) 15時~

場所:春日市ふれあい文化センター スプリングホール(in福岡)

 

f:id:chihiroro77:20190630134538j:plain

開演前

春日市ふれあい文化センター(通称:ふれ文)のホールは、音響がいいと言われている。シロートの耳にはどこがどう素晴らしいのか微細にはわからないけれど、確かにいいようなかんじが。 

何年も前に、このホールでの、矢野顕子のライブや、ベルリン・フィル(だったっけ‥?)の管楽器奏者3人のコンサートに行ったことがあり、よい響きの記憶があった。

 

そして今回、中川晃教コンサートの全国ツアー、福岡の会場がここ。

ホールに入ると、手渡されたチラシの中に、ライブの曲目が載っているA4用紙のプログラムがあった。10曲以上。

 

裏面は、アーティストの紹介。

ピアノ:園田涼〈そのだ・りょう〉(元・ソノダバンド‥だそう)

クラリネット:稲本渡〈いなもと・わたる〉

チェロ:細谷公三香〈ほそたに・くみこ〉

 

あ、もちろんヴォーカルは、中川晃教〈なかがわ・あきのり〉

 

開演時間、ホール全体が暗くなり、ステージに人影が。

舞台のみ明るくなると、晃教くん一人登場。丈が長いブルーのジャケット。

 

彼のピアノの弾き語りが始まる。

エルトン・ジョンの“Your Song” ほら、あの有名な曲です。

柔らかい大きな響きが会場を包み込む。

 

1曲目が終わり、トリオのメンバーも登場、MCを挟んで2曲目“Can't Take My Eyes Off You”(ミュージカル『ジャージーボーイズ』より。フォー・シーズンズの「君の瞳に恋してる」です。ほら、あの有名な曲♪)

 

ステージ左側にグランドピアノ。まん中よりちょっと右にクラリネット。その右にチェロ。

ヴォーカルはまん中前方。

 

そして‥。

そして、そして。

次の曲、次の曲と、様々な曲調のものがあったけれど、1曲目の出だしで生まれた、心地よい、けれど強い響きは最後まで続いていった。

 

プログラム前半は、よく知られているポップスやクラシック曲、後半はオリジナル曲だった。

 

驚いたのは「ひとり“ボヘミアン・ラプソディ”」伴奏はピアノのみ。

軽々と歌い上げて、ひとりなのにコーラスが聞こえてくるような。圧巻。

 

チャイコフスキーの「白鳥の湖」に中川晃教自身が詞をつけた“終わりのない愛”も印象に残った。

途中から(2番目のメロディから)ファルセットになって、それからずっとその歌声。ファルセットなのに、まろやかで伸びがあり、どこまでも連れていかれそう。

 

オリジナル曲は、初めて聴くものが多かったけど、彼の楽曲も変化していっている~と感じた。これからも、まだまだ変わったり進化したりしそうな嬉しい予感。(オリジナル曲7曲、作詞・作曲:中川晃教、編曲:山下康介

 

全13曲、一曲一曲、お芝居の役に入り込むように歌い上げていた。下におろされた手の指先まで震わせて歌っている曲も。

 

そして、アンコール。

1曲目はデビュー曲  “I will Get Your Kiss”  この曲はライブで何回か聴いたことがあるが、毎回アレンジが違う。今回も解きほぐされるような素敵なアレンジ。

 

ラストは“見上げてごらん夜の星を

これは何と、マイクを置き去って、生の声での歌唱。

 

なんだか懐かしく、川の向こう岸で少年が歌っているような幻想に‥。

だから、向こう岸にいる少年に手を振りたい、そんな心持ちになるのだった。